ティートゥリー (Melaleuca alternifolia)

 

科名: フトモモ科

抽出方法: 葉の低温低圧水蒸気蒸留

 

 

フレッシュで清潔なやや鋭い香り。風邪の季節や花粉症の季節に人気の高い香りです。清潔感のある香りは体の内側から元気を与えてくれます。ショックで落ち込んだ心を元気づけ、リフレッシュしてくれる香りです。お子様でも安心してお使いいただけます。 (Young Living HPより)

 

 

ティートリーは、オーストラリアの海岸近くの湿地帯に、7mくらいの小高木に成長するユーカリの仲間です。学名のMelaleucaは遠目から見ると黒々とした濃い緑の葉と白い幹に、alternifoliaは交互に付いている針葉樹のような形状の葉を意味することが由来とされています。

この幹の樹皮は剥がれやすく、オーストラリアの先住民のアボリジニは、これを使って小さなカヌーを作ったり、屋根を葺いたりしていました。 また、この木の葉を煎じては、風邪や咳、頭痛の薬として飲んだり、感染症の傷を治したりしていました。

18世紀にオーストラリアに上陸したキャプテンクック一行が、離れたところからでも分かるほど強い香りのこの植物の葉が、お茶として飲めることを知り、「ティートリー」と名づけられたと言われています。

しかし、本格的にこの薬効が注目されたのは第一次世界大戦以降で、殺菌や消毒の効果や、免疫を高める薬の代わりとして使われ、アロマテラピーに用いられるようになったのは近年とされています。

 

ティートリーの素晴らしい作用は、強力な抗感染、抗菌、抗ウイルス、抗炎症の他、駆虫性、免疫刺激性、心臓強壮、免疫促進、静脈強壮、癒傷などが挙げられます。

風邪、インフルエンザ、気管支炎などの感染症、副鼻腔炎、耳の炎症、歯周炎、カンジダ症、ウイルス性腸炎、膀胱炎、皮膚炎、水虫、虫さされ、吹き出物、にきび、日焼け、火傷、切り傷など、広範囲の症状に有効とされています。

精神面では、傷ついた心を癒し、リフレッシュさせてくれたり、慢性的な無気力感、落ち込みの状態から肯定的な見方を持つように促し、気分を高揚させ、自信を取り戻させてくれます。

 

皮膚疾患やお肌のお手入れには、クリームや軟膏、化粧水などに混ぜて使うと良いでしょう。

ディフューザーやスプレー(蒸留水+ティートリー)は、リフレッシュや空気の浄化にお勧めです。

洗濯や拭き掃除にも使用することで、清潔に保つことが出来ます。

夏場などは湯船に入れると殺菌効果ですっきりします。

また、足湯や坐浴に用いることで患部を洗浄出来ます。

マスクの四隅に少しつけたり、1滴落としたティッシュをマスクの中に入れることで、風邪やインフルエンザの予防になります。

 

 

* 妊娠中や治療中は医師にご相談ください。

* お子様やペットにも安心して使えますが、長期間使用すると過敏になる可能性があります。

* ヤングリヴィング社以外の精油は、キャリアオイルなどで希釈してからお使いください。

 

 

☆お勧めブレンド: 全ての柑橘系オイル、カモミール、クローブ、サイプレス、ゼラニウム、ユーカリラディアータ、ラベンダー、ローズマリー